大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

人生地獄があたりまえ

と考えると少しは楽かも。

地獄に生まれたんだから苦しいのはあたりまえ。ならどうするか?耐えるしかないでしょう!ここは地獄なんだから。

その地獄の中でのたうちまわって、もしほんの少しでも、良いことに出会えたら、ラッキー!

出会えなくても、それがデォルトなんだからしょうがない。

仕事が苦しい、地獄なんだからあたりまえ。

死にたいと思う、全部あたりまえ。だってここは地獄なんだから。

じゃあ、死ぬ?もしかしたら死んだら楽かもしれないけど、地獄にいるということは、そこから逃げたらもっと深い地獄に落ちるかもしれない。

ここに生まれちゃったんだから、ここで生きていくしかないんだ、地獄で。

いつかは寿命が来て、平等に与えられている数少ない事柄が「死」だ。どうやって生きようが必ずみんなもれなく死ぬ。ならば、その必ずくる死の瞬間まで、少しでも良い事柄に出会いたい。そのために、一生懸命なんてしなくて良いけど、本当にできる範囲の中で生きて行く。

その結果どうなろうがどうでも良い。ここはどうせ地獄なんだから。あとは運任せ。どうでも良いどうでも良い。生きて行くだけで、人にどう思われようが知るか。それで良いんじゃない?