大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

不安と焦燥感

なぜこの感情が頭の中もしくは心の中いっぱいになるのだろうか?

大半は仕事の事。そしてその原因は他人との比較だったり、虚栄心とか色々。要は、他人の考えや評価を余りにも気にしすぎるということに尽きる気がする。これはとっても厄介なもので、自分の評価を他人の物差しに依存していることからくる。しかしだ、俺、今日から他人に振り回されるのやめます。依存するのやめますって出来るだろうか?

自分にもっと自信を持てということだろうが、それがないから他人の評価を気にしてしまっているのだ。他人の評価で自身を計ってるみたいな感じか。本やネットにはそれが1番良くないとある。それは良くわかる。自分がそうだから。しかし、他人の評価を気にしないで、自分の身の丈にあった行動をし、それを一生懸命していれば良い、て事がなんの抵抗もなく出来るものだろうか?人は他人との接触を持って仕事もするし、生きてもいる。そんな中、その他人を意識しないなんて難しいだろう。それこそ空気読めなくなってしまうかもしれない。この考え方事態、悪なのかな。

成功体験の積み重ねが自信に繋がるというが、成功したって次失敗したらどうしようとか考えてしまう。そこで、別に良いじゃん、命取られるわけじゃあるまいし、と良く言われる定番の考え方を持ってこれるだろうか?

他人、自分、会社という空間に存在した時、関係の持ち方が難しい。付かず離れずみたいな。