大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

寝る前、起きた時

寝る前、つまり夜寝入る時思うこと。明日このまま目が覚めずにぽっくり逝っちゃわないかな…。

起きた時思うのは、今日も目が覚めたか。

要は、寝ている間に死んじゃわないかな、ぽっくりと楽に。めちゃくちゃ負の感情だろう。ただ流石に自殺は難しいので、ならば自然死をと。この苦痛から、一番楽に簡単に素早く解放される手段はやはり「死」だろうということ。

こんなこと考えるのはやはり病的と言わざるを得ないのか。

いったい、自分の人生とは何だったのだろうか。最終的に早死にを希望するという終わり方。情けないが事実なのだ。