大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

ここまできたら

ここまできたら、あとはもう惰性の命だ。もう経験したいと思うことはほとんどない。残ってるのは経験したいと思えないような辛いことくらいだろう。

地位や名誉などには元々興味がないし、お金にも今の所は困ってはいない。あとは正直、いつ死んでも特段困りはしない。あえていうならば、楽に逝ければそれでいい。甘いかな?

この先に、生きててよかったと思えるような大きな幸福が待ってるなら別だが、とてもそんなことは期待できない。生きている意味なんてそもそもないのだから、あとはどう死ぬかくらいだろう。自然死、自殺、事故死、他に何かあるかな。ま、その時は確実に近づいてるわけで。もしかしたら、そんな世捨て人みたいな生き方が残りの人生には有効なのかもしれない。

何かに失敗しようが、イラつくことが起きようが、所詮はただの暇つぶしと考えれば少しは楽にその時を待てるのかなと。

今死んじゃえば楽かもしれないが、それは生物の本能としてはなかなか選択するのは困難だ。

なら、世捨て人にでもなるか。