大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

心配事

最近読んだ本に正確なタイトルは忘れたが、心配事の9割は起こらない、というのがある。他にも、ネットのブログにも同様なことを書かれている方が結構いる。要は、「取り越し苦労」ということだ。

確かに今までの自身の体験をかえりみても心配事の大半は起きていないか、もっと小さな出来事に変わっている。そのことに囚われているときはそれこそ食事も出来ないし、何もやる気が起きず、とにかく逃げ出したいという気持ちしか起こらない。

この感覚は今後も起きるだろう。そのとき、心配事のほとんどは実際には起きないんだよ、といくら心に言い聞かしてみたとしても、なかなかその呪縛からは逃れられないだろう。それが普通の人間の思考だと思う。しかし、知識や経験としてこのことを肝に命じておくことによって、ほんの少しだけでも、不安を小さくは出来ないだろうか?

忘れる、考えない、他のことに気をやる、要は訓練だ。訓練の積み重ねが考え方を変えていき、それは性格となる。

ダメならダメでしょうがない。

でも、とりあえず軽い気持ちでやってみよう。