大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

日本に生まれて

日本に生まれたことは、多分世界全体から見たらかなりマシな国なのはわかるつもり。しかし、この国の最大の問題は、生きていて楽しいと思えない。例えば、イタリアやスペイン、フランス、あの辺りの国々と比べると、やはり文化の成熟度の違いなのか、国民性の違いなのか、その辺りはわからないが、かの国の人達は楽しむ為に生まれて来たと考えているふしがある。その為に働いている。だから働き方も随分と違う。

日本はと言えば、苦しむ為に働き、苦しむ為に生きているとしか思えない。まあ、イタリア、スペイン辺りはあまりにも働かなすぎな気もするが。でも、それでも何とか生きている。しかも我々より遥かに幸せそうに楽しそうに。

なぜ日本はこうなってしまったんだろう。ここまでして、ここまで働いて、結果、生きることが辛い。まるで、修行の様な人生。

働き方の違いが、生き方に大きく影響していると思う。残業ありきのシステム。上記で上げた様な国では考えられない馬鹿げた事だろう。しかし、日本では当たり前の様に行われていて、労働者もそれに付き合っている現実がある。

こんな事があと何十年も繰り返されるのかと思うと、本当に今すぐにでも、人生を止めたくなる。