大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

お金の考え方

世の中には色んな考え方をする人がいる。しっかり堅実な人。どう考えても独りよがりでなんだそりゃって人。本当に色んな人がいる。

基本的に自分は金銭的には人の世話には極力、なりたくないと考えている。

でも世の中にはそうじゃない人もいるらしい。

どこをどう計画するとそのお金を返済できるのか全く考えずに、とりあえずその場しのぎで金を借りようとする人。

本気で借りるつもりなら、業者から借りるくらいの覚悟があればまだマシだと思うけど、そうではなく、友人知人、親類縁者から、ほんわりした内容で借りようとする人。多分、そんな人は返す気はあったとしても、返せないだろう。

正直甘いのだ。甘すぎ。

自分の考えは、どんな理由があろうとも、たとえ血の繋がりがあろうがなかろうが、絶対貸さない。もし、貸すと決めたらそれはあげたのと同意。

でも、世の中にはそう考えない人が結構いるらしい。何故なんだろうか?

たぶんお金の有り難さと怖さが理解できてないんだと思う。

自立できていないのか、親から甘やかされて育ったのか。騒げばなんとかなるというような。

ま、本当の苦しみは自分でお金を稼ぐようになったらよくわかるはずだ。

お金は怖いんだ。本当に。

広告を非表示にする