大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

なんなんだろうね

生きたいと思っている人が死んで、特段、生きていたいと思っていない人がまだ生きている。

生きる事ってなんなんだろうか?

自分に死の宣告がなされたとしたら違った感情が湧くのだろうか?

彼女はこの終わり方で幸せだっんだろうか?幸せってことはないだろうが、未練は残るだろうし。しかし、ん〜、本当のところは本人と極周辺の人しかわからない事だろうが、人生の終盤は幸せだったんだろうと思いたい。

自分はどんな最期を迎えるのだろうか。現状精神的にはお話にならないくらい無価値な生き方を選択してしまっている。ただ生きてるだけだ。なにもしてないのと同じ。たまたま生まれて、なんとなく生きていて、そのまま死期がきたら死んでいくだけ。なにも残さない。

この2人の問題だし、なにも知らない他人がとやかくいうことではないが、なんか虚しい。このニュースをみたとき、そう思った。

広告を非表示にする