大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

天国

前回投稿した地獄の話の続きみたいな感じだが、死んだら無になると信じたい。すなわちそれこそが天国。無が天国なのだ。自分はそう思っている。なら自殺するか?悩ましいところだ。寿命がいつまでなのかがわからない。明日かもしれないし、数十年先かもしれない。

とは言え、この地獄やら天国という概念は人間が作り出した妄想の世界だとは思うのだが、そもそも生きるということ事態が苦痛なことである。では、何故生きるということがここまで苦しみを味あわせてくれるのか?ここが地獄だから、なのかなと。

この世が地獄なのか、単なるそういう世界だということなのか。何にせよもう生きることに飽きた。もう十分色んなことを体験したし、これ以上はお腹いっぱいだ。勘弁してほしい。

ただの偶然で産まれたのか、何かに産み落とされたのか。何のため?苦しみを味わうため。

広告を非表示にする