大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

今までの感想

いやいや、いくつか自分の記事を読み返してみたが、内容はだいたい同じものでその強弱で書いてる内容がほとんど。

要は、仕事辛い、お金は必要、生きる事の無意味さ。そんなところをつらつらと。

しかしながら、本当にそう感じてるし、書かなきゃやってられるかって感じだったのだ。どこかに小さくてもはけ口が必要なのだ。

みんな上記のような事は分かっていて、ある人は無視し、ある人はもがき、ある人は病み、生きているんだろう。

ほんと生きるって何なんだろうか。

自由のなのもとに全てが自己責任。失敗でもしようものなら…

だから、しょうがなく現状に甘んじつつ、我慢しながら生きているのだ。悲しいというか、ん〜、苦しい。生きる事は本当に苦しい。