読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

仕事への取り組み方

自分の仕事への取り組み方は、仕事の先にいるのは自分だ。要するに、都合や希望は全て自分の方を向い仕事をしている。

とあるネット番組で、仕事の取り組み方的な話を聞いた。その人曰く、仕事とはお客の方を向いて、どうしたら顧客に喜んでもらえるのか、そういった考え方をしながらでないと、早い話給料のため、お金のためだけに仕事をすることになり、結果スキルも上がらず、モチベーションも下がり、やる気も失うと。

このアドバイスは、営業職の人に対してのものだったから、その仕事の先には、直接お客がいるわけだ。自分に置き換えると、営業職ではないので直接先に顧客がいるわけではない。ミスなく遅延なく業務を遂行するとこが会社のためになり、その先に顧客がいる。順序は逆かもしれないが。どちらにせよ、自分の業務はどうしても自分の方を向いてしまう。ミスを恐れ、改善することもなく、ただ、決められた業務を遂行するのみ。

最初のアドバイスのように、顧客目線で仕事をすることが、結果的に会社の利益に繋がり、ひいては自分にも評価として返ってくる。

と、これは理想論。理想的な考え方だ。勿論、このような働き方をしている人もいるのだろう。もしかしたら、自分の認識が甘々で、大多数の人がこういう働き方をしているのかもしれない。

しかし、どう働こうが人が人を評価する今のシステムでは、不平等、理不尽、差別、こういったことは消えることはないだろう。ちんたら働いて過ごしても、一生懸命過ごしても、見えない人には見えないし、見てる人は見てくれている。しかしながら、そんなことはどうでもいいことなんだと。人様のために働き、生きていきなさいということを最初のアドバイスはいっているのだ。

わかるよ、わかる。いってることは至極真っ当なことを言っている。正論だ。

しかし、本当にそんな働き方が、自分の感情は置いといてなんて働き方が出来るのか?

働く理由はお金だ。綺麗事を並べたってそこが真実だ。

理想と現実。少しくらいは、理想を取り込みたいとは思う。