大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

親、批判を承知で少し書きたい。

人間が育つ課程において、親の存在はとてつもなく大きいと思う。よく大人になったら、二十歳を過ぎたら、自身の責任だ的な話も聞くが、ではその大人を作り上げたのは誰なんだろうか?確かに生まれながらの資質みたいなものもあるだろう。同じ親に育てられたのに、兄弟の性格が違うのはなぜか?

しかし、その人間を育てあげたのは紛れもなく親なのだ。親は無くとも子は育つ。確かにそれはそうだが、ではまともに育たなかった人間は、大人になったらどう自身で責任を負って生きていけば良いのだろうか?

ニートの問題、あれは誰に責任があるのだろうか?30歳を過ぎてニートになってるような人間は誰が作り出したのだろうか?その人間自身の責任で片付けられることなのだろうか?

親の責任だろう大半は。

私自身は、なんとか人並み程度の生活は出来てはいるが、親に対して良い感情は持っていない。自分の性格を形成する課程においての親の責任はとても大きいと思っているからだ。それを、二十歳を過ぎたらはい、親からは卒業ですといわれても、それはどうなんだろうか?

私は離婚を経験している。それは別に親どうこうのは思っていない。ただ、子供ははじめから欲しいとは思っていなかった。この感情は一生変わらないだろう。後悔もない。なぜなら自分に子供を上手に育てる自信が全く無いからだ。正直怖い。

自分自身どういう理由で生まれたのかは知らない。計画的なのか偶発的なのか。しかし、親になるという事は本当に大変なことだと思う。その子の人生を大きく左右する存在なのだ。生半可な気持ちでは子育てなんかしてはいけないと思う。一生、その子の責任を負う義務がどうしたって発生する覚悟は必要だと思うのだ。

もし子供が犯罪者になったら、その親は大人になった子供のことは知りませんでは通らないのが事実だろう。

少子化の問題、理由は色々あるだろうが、こういう問題もあっての事では無かろうか?

責任持てません。自信がありません。関わり合いたくありません。そういう人が多くなっているのでは無かろうか?

反面、上手に親子関係を築けている人は心から尊敬する。自分には無理だから。