読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

楽しいこと

大人になると、何が楽しいことなのかわからなくなるような気がする。自分だけでは無いはずだ、と思いたい。

子供の頃は、学校、テレビ、マンガ、放課後、ゲーム、その他いくらでも楽しいことがあった。でも、今はその全てが楽しめない。たとえ時間が合ってもそれらを、まずする気にならないのだ。

子供に出来なくて、大人に出来る事。

労働、飲酒、たばこ、恋愛、結婚。自分には経験無いが子育て。こういうことに全くもって魅力というか、興味が持てなくなってきた。いや、飲酒だけは楽しいと言うより、依存症だろうな。ほぼ毎日たしなんでいるが、楽しいとは違う。

では日々何をしているか?

生きるために労働をしている。しなければ生きていけないから。ではなぜ生きる必要があるのか?

答えは、たぶん、

「無い」

生物としての本能というか、もしくは知性あるが故の理性というのか。そんな程度のものだろう。

しかし、なぜこうも生を楽しめなくなったのだろうか?

こうやって、ネットに愚痴って、酒飲んで、眠くなったら寝る。これが真実、現実。

これが大人なのか?大人と言うことなのか?