大人になりきれないおとなの日記みたいなもの

生き辛さや、その時感じた感情など、なかなか他人には言えない事をつらつらと書いていこうかなと。

生きたい?

生きたい?それとも…

つい口にしてしまう呪文のような、死にたい、或いは消えたいという言葉。勿論、実行するわけではないし、本当に真剣に死にたいと思ってるわけではない。でも、生きたいと思ってないのも事実だ。

このまま生きていて、何かあるのか?むしろ辛いこと、嫌なことの方が多い気がする。悲観しすぎなのかな。

今楽しい?幸せ?と聞いて、肯定的な返答をする人がどれだけいるのだろう。

自分は生き方が下手だ。それは認める。暗部にばかり目が行き、光を見ようとしない。簡単な言い方をすればネガティヴ思考。ポジティブに生きている人、何をもってそんな考え方、思考が出来るのだろうか。

 

失敗したらどうしよう。だから自分の考えではなく、他人の考えに従ってしまう。その方が自分を守れるから。自分に自信がないから。それを八方美人と言うのかな。そんな生き方が楽しいはずがない。人の考えに乗っかって生きているようなものだ。

 

言霊、言葉には不思議な力があると思う。

せめて、この言葉を言うのを減らしていこう。